Emacs で最近使ったファイルを自動で保存してくれる recentf は非常に便利なのですが、保存時にエコーエリア(ミニバッファ)に「Wrote /path/to/recentf」と表示されると視線を持っていかれるので正直嬉しくありません。

masutaka26 さんの以下のブログに defadvice を使ったエコーエリアに表示しない方法があったのですが、自分の環境はで期待した動作になりませんでした。
Emacs の recentf-mode をチューニングしたよ

そこで、emacs24.4 から導入された新しいアドバイス機能 nadvice.el と 、 25.1 で導入された message の動作を抑制する inhibit-message を使って、recentf のファイル保存時にエコーエリアに表示しない設定を書きました。

;; recentf の設定
(require 'recentf)

(setq recentf-auto-cleanup 60)
(setq recentf-auto-save-timer
      (run-with-idle-timer 60 t 'recentf-save-list))
(recentf-mode 1)

;; recentf の メッセージをエコーエリア(ミニバッファ)に表示しない
;; (*Messages* バッファには出力される)
(defun recentf-save-list-inhibit-message:around (orig-func &rest args)
  (setq inhibit-message t)
  (apply orig-func args)
  (setq inhibit-message nil)
  'around)
(advice-add 'recentf-cleanup   :around 'recentf-save-list-inhibit-message:around)
(advice-add 'recentf-save-list :around 'recentf-save-list-inhibit-message:around)

recentf-cleanup と recentf-save-list を実行する時に (inhibit-message t) にすることでエコーエリアへの出力を抑止しています。